アイネクス株式会社
TEL:03-5713-0388 
HOME|製品情報|お客様サポート|イベント|会社情報|お問い合わせ

 製品カテゴリー
 分析機器
 ・水分活性測定装置
 ・水分吸脱着測定装置
 ・熱特性計
 ・空中浮遊菌エラーサンプラー
 ・微量元素測定装置
土壌水分・環境・気象計測機器
 ・土壌水分センサー
 ・水ポテンシャルセンサー
 ・テンシオメータ
 ・全天日射計、光量子フラックス計
 ・雨量計
 ・風向風速計 
 ・葉濡れセンサー
 ・温度・湿度センサー
 ・水深・温度・ECセンサー 
 ・分光反射率センサー 
 ・データロガー、ハンドヘルドリーダー
 ・延長ケーブル・アクセサリー
土壌物性測定装置
 ・水ポテンシャル測定装置
 ・インフィルトロメータ
 ・水分特性曲線測定装置
 ・土壌間隙水サンプラー
 ・土壌カルシメーター
植物・環境計測機器
 ・気孔コンダクタンス測定装置
 ・光合成有効放射測定装置 
 ・デンドロメータ
 ・OS5p+ クロロフィル蛍光測定装置
 ・OS1p クロロフィル蛍光測定装置
 ・OS30p+ クロロフィル蛍光測定装置
 ・極小葉用クロロフィル含有量メータ
 ・クロロフィル含有量メータ
 ・アントシアニン含有量メータ
 ・光ファイバープローブ蛍光光度計
 
  熱特性計 KD2Pro
熱伝導率・熱抵抗率・熱拡散率・比熱を2〜5分で測定!

熱特性計 KD2Proは、様々な物質の熱特性を測るポータブル型の測定器です。プローブ法により熱伝導率を測定しています。センサーには精密なヒーティングとモニタリングシステムを有し、正確、迅速に熱特性を測定します。
2つのシングルニードルセンサーとデュアルニードルセンサーの3種類のセンサーが標準付属され、目的に合わせて最適なセンサーを選択して測定できます。シングルニードルセンサーのKS-1は、水分を多く含む試料や油などの液体試料の測定ができ、デュアルニードルセンサーのSH-1は、熱拡散率、比熱の測定が可能です。岩や硬化コンクリートなどの硬い試料を測定するためのロックセンサーもオプションで用意されています。
コンパクトなコントローラーは操作性、耐久性に優れ、フィールドでの使用で、データの保存、PCへデータのダウンロード、自動測定などの機能を備えています。
食品からオイル、多湿性土壌、多孔質物質など、ニードルセンサーが挿入できる試料であれば、個体、液体を問わず、様々な試料の熱特性測定に使用できます。

○ KS-1 6cmシングルニードルセンサー
   KS-1センサー(長さ6cm、直径1.3mm)は、熱伝導率と熱抵抗率を測定します。液体試料の測定も可能です。KS-1センサーはニードルに微量の熱しか加えませんので、液体試料の自由対流を防ぎます(水より粘性の低い試料は測定が不安定になります)。しかし、接触抵抗が誤差の重要な原因となり得る土壌や粉末のような粒状サンプルでは、KS-1はニードルのサイズが小さく、加熱時間は短いので、あまりいい選択ではありません。絶縁材料では接触抵抗の誤差は無視できるほど小さいのでKS-1センサーが適切な選択となります。
 ○ TR-1 10cmシングルニードルセンサー
   TR-1センサー(長さ10cm、直径2.4mm)は、熱伝導率と熱抵抗率を測定します。土壌、コンクリート、及び適切な大きさの穴を簡単に開けることができる試料、未硬化コンクリートの場合はガイドピンを差し込むことのできる試料、その他の粒状、又は固形の物質のために設計されています。TR-1センサーの比較的大きな半径と加熱時間は、試験用の穴の開いた粒状試料、又は固形試料の接触抵抗の誤差を最小限にします。TR-1センサーはKS-1センサーよりも多くサンプルを加熱します。これは、より高い熱伝導率の試料の測定を可能にしますが、液体試料の測定には不向きです。強固な設計のTR-1ニードルセンサーは、土壌や他の固形物など硬い試料でも損傷しにくくなっています。さらに、TR-1は、IEEE442-1981とASTM-5334-08に準拠しています。
 ○ SH-1 3cmデュアルニードルセンサー
   2本のニードルのついたSH-1センサーは、熱伝導率、熱抵抗率、熱拡散率、容積比熱を測定します。ほとんどの固形および粒状物質に使用可能ですが、熱パルスが大きいために液体試料では対流が起きる可能性があるので、液体試料の測定には使用できません。
○ RK-1 ロックセンサー(オプション) 
   RK-1センサー(長さ6cm、直径3.9mm)は、熱伝導率と熱抵抗率を測定します。特にセンサーを入れる穴を掘るために、回転式ハンマーを使わなくてはならないような岩や硬化コンクリートなどの硬い物質の使用のために設計されています。TR-1センサーはRK-1センサーよりも正確で、より長く細いセンサーを入れる穴さえ開けられるのであれば、粒状および固形物に関してより望ましい選択です。物質が硬すぎて、細長いTR-1センサー用の穴を開けることができない場合、5/32"、または4mmの回転式ハンマービット(RK-1キットに含む)を用いて、物質に試験用の穴を開けることができます。

  熱特性計アプリケーション
KD2Proの測定原理
液体の熱特性を測定するためのKD2Proの使用
熱特性測定における接触抵抗誤差への対処
KD2ProのASTM及びIEEE標準遵守
地下電力ケーブル設置に関わる土壌熱抵抗の効果
地下電力ケーブル設置及び土壌熱抵抗
埋設ケーブルアプリケーションに関する熱ドライアウト曲線の生成
密度、水分含量、温度、組成変化に伴う多孔質材料の熱抵抗率の変化

○ KD2Proコントローラー技術仕様
動作環境  0〜50℃
データ保存 4095データ(測定結果、測定日時、センサータイプ、試料名)
インターフェイス USB 
電  源 単3アルカリ電池4本 
寸  法 15.5×9.5×3.5cm 
付属品  KD2Proコントローラー、KS-1センサー、TR-1センサー、SH-1センサー、USBケーブル、サーマルグリス、コンクリートパイロットピン、ドリル、標準物質、専用キャリングケース 

○ センサー技術仕様
センサー KS-1  TR-1  SH-1  RK-1(オプション) 
測定項目 熱伝導率・熱抵抗率  熱伝導率・熱抵抗率  熱伝導率・熱抵抗率
熱拡散率・容積比熱 
熱伝導率・熱拡散率 
熱伝導率精度  ±5%(0.2〜2W/mK)
±0.01W/mk(0.02〜0.2W/mk)
 ±10%(0.2〜4W/mK)
±0.02W/mk(0.1〜0.2W/mk)
±10%(0.2〜2W/mK)
±0.01W/mk(0.02〜0.2W/mk) 
±10%(0.2〜6W/mK)
±0.02W/mk(0.1〜0.2W/mk) 
熱拡散率精度 −  ±10%(熱伝導率0.1W/mK以上)   −
容積比熱精度  − −   ±10%(熱伝導率0.1W/mK以上)   −
熱伝導率測定範囲  0.02〜2W/mK 0.1〜4W/mK  0.02〜2W/mK  0.1〜6W/mK 
熱抵抗率測定範囲 50〜5000℃cm/W  25〜1000℃cm/W  5〜5000℃cm/W  17〜1000℃cm/W 
熱拡散率測定範囲 −  0.1〜1mm2/s  − 
容積比熱測定範囲 −  0.5〜4mJ/m3 − 
測定時間 1分  5分  2分  10分 
動作環境 -50〜150℃
寸  法 長さ6cm、直径1.27mm  長さ10cm、直径2.4mm  長さ3cm×2、直径1.27mm 長さ6cm、直径3.96mm 
ケーブル 80cm    

 (c)2017 AINEX Co., Ltd.  All Right Reserved